良い不動産物件とは何か。

不動産物件の売却募集から引き渡しまでの流れ

良い不動産物件とは何か。
不動産物件の売却にはいくつかしなければならないことがあり工程があります。その内容とは始めに不動産会社へ売却の相談に行くことが始まりです。査定の依頼をします。その際、古いマンションであればリフォームした方が貸しやすいとか、古い家は取り壊して更地にする方向で売却するなど個別に合う方法で相談をしていきます。不動産会社は現地調査行い価格を査定します。売却を依頼する際には不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。

その次は募集です。各不動産会社のネットワークを活用してもらったり広告活動をしてもらいます。その後活動や見学の報告などを随時受けることができます。買いたいという希望者が出てきます。条件面での交渉が入る場合もあるので良く検討をします。価格を下げても早く決めたいのか、じっくり希望価格で買ってくれる人を待つのかは売主の考えによりますが、あまり何ヶ月も売れないようですといけないので不動産会社の担当者とも事前に相談を良くしておくと良いでしょう。

その後条件面で折り合えば契約になります。その際諸条件をお互いきちんと確認したうえで契約をすることが重要です。引き渡しまでの間、不動産会社と良く連絡を取り合って引越しの準備などを行っていきます。その後売買代金の受け取りや登記の申請、物件の引き渡しですべてが完了します。