良い不動産物件とは何か。

不動産売却時のポイント

良い不動産物件とは何か。
不動産、と聞くと、なんとなく地上げ、怖い、といったイメージも感じるかもしれません。バブル時代に不動産はいろんな扱われ方をし、本来の意味とは違うのに、地上げと言った言葉があたかも悪いことのように思われるようになる原因となることが多々起こったこともあるのでそんなことも影響しているのではないかと思います。実際不動産というと、通常は一生のうちに何回も関わるものではないので、わからない中いろんな想像をさせることになっているとも言えるのではないでしょうか?

個人にとって不動産は、持ち家、持ちマンションといった、資産としての存在が多いのでしょうが、中には資産運用で収益物件として持つ羨ましい人もいるでしょう。しかしながらバブルが弾けた後には、やむを得ず、その資産を手放すことになった人も多く、持ち家神話が崩れることになった時期でもあったと思います。今持ち家というのは本当に得なのか、賃貸で一生暮らすのが得なのか、それは個人の考え方にもよるとは思いますが、いずれにしても人は住むところがなくては困るものです。

資産としての不動産、必要不可欠の住まいとしての不動産、大きなお金が動くものであり、経済の中で表になり裏になりながら必ず中心に存在します。それは全ての建物や構造物、人間が存在しているのは必ず土地という不動産であるからです。不動産は経済の中心であり、常に興味深い存在であります。

注目情報