良い不動産物件とは何か。

不動産の物件購入で知っておきたいこと

良い不動産物件とは何か。
最近の気候などを見ると毎年のように日本のどこかで水害などの被害が発生しています。将来、不安を抱えてある方も多いと思います。そこで耐震性を考えた場合、地盤のしっかりした土地に家を建て安心して暮らしたいものです。地震や水害から家を守る、軟弱な地盤を見分けることも、将来不動産での物件購入には大切なことになります。検討の段階でも地盤の調査をするケースもなく、売主が調査することはありませんし、買い手も物件を検討する度に数万円の費用を出して地盤のデーターを取るようなこともしません。実際に土地を買い家建てている人は地盤はどうなのかといいますと、ほとんど購入している人は土地契約後に初めて調査をして地盤状況を知るということです。

全体予算にも地盤改良工事代金を見込んでおく必要があります。では事前に地盤の状態を予想するには、どのような条件が揃うと軟弱地盤が想定されるかの目安は地名などにもヒントがあります。たとえば地名に沼や池、沢、泉、川などが付いている場合は昔の街並みが想像できます。又、地形の場合でも住宅地でも谷状の低い所は地盤が弱いところが多いとされています。近くに沼や池、田などがあったり、水路や川が流れているのは要注意です。