良い不動産物件とは何か。

不動産会社の担当者が、契約を急かして来たら要注意です

良い不動産物件とは何か。
賃貸契約をする際に、最も大切なのは、お部屋の間取りや条件ではなく、不動産会社の担当者の対応です。何故かと申しますと、良い担当者であれば、希望条件に対して、しっかりとお部屋を探してくれますし、また、色々な物件を紹介してくれます。ですが、なかなか良い担当者なのか、悪い担当者なのか見極めるのは難しいですよね。そういった時は、何気ない担当者の行動などを、細かくチェックしてみるようにしましょう。特に、変に契約を急かしてくる担当者には、注意が必要です。

何件か希望する物件を見て、この部屋が良いかもしれないと感じる時がありますよね。そうした時に、人気がある物件なので、早く契約したほうが良いですよ。などといって、契約を変に急かしてくるような担当者は、気をつけたほうが良いのです。何故かと申しますと、確かに人気のある物件であれば、他の人も内見をする可能性がありますし、その際に決められてしまう可能性があります。ですので、出来るだけ急いだほうが良いのかもしれません。ですが、営業ノルマ達成の為に、単純に何もないのに契約をさせたいだけだという人も中にはおりますので、注意が必要なのです。どれだけ急かされましても、契約をしてお部屋に住むのは自分ですので、何を言われても冷静に判断するようにしましょう。

注目情報