良い不動産物件とは何か。

JーREITとグローバル不動産投資信託

良い不動産物件とは何か。
不動産投資信託と呼ばれるものは、大きく二つに大別されます。一つがJ-REITと呼ばれる日本の不動産を中心に投資をしている上場不動産投資信託、もう一つがグローバル不動産投資信託と呼ばれる世界の不動産投資信託を買っている投資信託です。一番大きな違いは、J-REITはその投資法人が不動産を直接取得しますが、グローバル不動産投資信託は、直接世界の不動産を取得するわけではなく、世界の上場不動産投資信託を買うことで間接的に不動産を所有しているという点です。

さらに、J-REITは注文や売買ルールは株式に近く、グローバル不動産投資信託は、株式投資信託などに近いです。J-REITは株式と同様に指値、成行きで注文できますし、信用取引もできます。グローバル不動産投資信託は、基準価額は一日一回しかつきませんし、個人個人の個別元本というものが管理されていて、それを上回る分の分配金は課税され、元本払戻金に該当する分については課税されないなど完全に株式投資信託と同様の仕組みが適用されています。

しかし、本質は同じです。投資家から見ると間接的に不動産を投資し、その果実である賃貸事業からの利益を得ることが比較的簡単にできる投資です。実物不動産投資をハードルが高いと考えている人にとっては、有力な選択肢になるのではないでしょうか。