良い不動産物件とは何か。

不動産の投資について

良い不動産物件とは何か。
不動産投資を行う場合には採算性や投資価値などを評価する必要があります。また、不動産投資信託への投資も可能です。不動産投資の採算性を評価する利回りには、単純利回りや銃利回りがあります。単純利回りは経費や空室時の損失などは考えない算出方法で、実際にどれくらいの収入になるのかわかります。不動産の投資評価価値を算出するにはいくつかの方法があります。その中の一つに、DCF法と呼ばれるものがあります。

DCF法とは、一定の割引率を用いて将来の現金収支の流れ(キャッシュフロー)を現在の価値に引きなおす方法です。投資対象の不動産の保有期間中に得られる純利益と、将来不動産を売却することで得られると予想される復帰価格を現在の価値に割り戻して合計することにより不動産の収益価格を求めます。DCF法以外にNPVと呼ばれる方法があります。NPV法とは、投資対象不動産のDCF法による収益の現在価値と、投資予定額の現在価値を比較して投資の適否を判定する方法です。投資家の投資予定額の現在価値よりもDCF法による収益の現在価値の方が大きい、場合にその投資は有利であると判定されます。

不動産の投資価値評価として、DCF法、NPV法を紹介しましたが、他にもIRR法と呼ばれる方法もあります。

注目情報