良い不動産物件とは何か。

不動産投資についての考察

良い不動産物件とは何か。
銀行のペイオフ対策、減っていく年金への不安などから不動産投資をやりたいという人が増えているそうです。自己資金があり現金で不動産を購入する人もいればアパートローンを組みマンションを建てる人もいます。また、サラリーマンでも投資マンションを購入する人が結構いるそうです。サラリーマンで収入があればローンを組むこともできます。

不動産投資のやり方は色々ありますが、土地を購入して新築賃貸物件を建てるものやすでに建っている一棟物件を購入して複数の部屋のオーナーになるものと、ワンルームのマンションを1室のみ購入するものなどがあります。また、実家の土地の有効利用としてすでにある土地にマンションを建てるなども多い話です。メリットとしては、定期的な家賃収入が入ってくるので、ローンなどを差し引いても手元に年金代わりとして収入が残るなどがあります。

現金や空き地を持っているよりも、アパートローンなどの借金をしていたりした方が相続対策になるということが言われていますのでそういう点もメリットになります。いずれにしても、物件は空室では家賃も入ってきませんので入居者希望者が早く現れるような良い物件を建てたり、購入したりすることが大切になってきます。一棟マンションなどでは多少古くてもすでに入居者がいるので家賃収入が計算しやすいというメリットもあります。

注目情報