良い不動産物件とは何か。

不動産賃貸大家さんが貸している部屋の退去ですること

良い不動産物件とは何か。
不動産賃貸の大家さんの、入居者の退去に伴う作業は色々と決めなくてはならないことや依頼することがあります。まず退去の受付をしたら不動産会社が退去届を持ってきますので退去日を確認し次の募集についての打合せをします。退去する日には大家さんが立ち会って室内の点検をすることも多いです。入居時にはなかった汚れや傷などをチェックし、入居者が壊してしまったもの、自然消耗のものなどを判断していきます。これは不動産会社が大家さんの代行をして全てやってくれることもあります。

修繕はリフォーム業者に依頼をします。次の入居者が決まっていることもありますし、円滑に募集活動をするためにもなるべく早くお部屋をきれいに直す必要があります。エアコンや給湯器など故障が見られれば交換費用もかかります。また、古い物件を全面的にリフォームして新築同様の室内にし、家賃の設定を変更したりする場合もあります。あまり古い物件ですと入居者がなかなか決まらないからです。設備や間取りのリフォームについては退去が決まってから不動産会社と相談しているケースが多いです。

業者のリフォームには大家さんがチェックしたり立ち会ったりします。お任せしている場合でも良くできているかどうか最終チェックは大家さんの仕事です。このように退去に伴い大家さんもやることがたくさんあるのです。