良い不動産物件とは何か。

不動産は価値のある財産なのです

良い不動産物件とは何か。
不動産を持っていることには色々とメリットがあります。不動産というのは、財産であり、価値があります。人に貸すことも出来ます、自分で住むこともできます。まずは自分で住むところを確保することです。もちろん、例外はあります。つまりは、自分の土地を貸して、そして自分は違うところを借りるということもあります。極めて稀なことではありますが、状況としてはあり得ます。例えば、一等地を持っているときです。土地とか家屋を一等地に持っているというのは、良いことではありますが、固定費がかかります。一等地であれば、固定資産税が相当なものになります。ですから、それを貸して、自分は安いところに借りて住む、ということも選択肢としてはありです。基本的に不動産というのは、持っていて損はないのですが、そうしたこともありますから、使い方にはよく注意を払うことです。

住むにせよ、貸すにせよ、それなりに計画を立てる必要があります。購入するときには計画を立てて、しっかりと支払う必要があります。一括で買うことができるのであれば、特に心配することはないのですが、分割、ローンで買う時には、出来るだけ無理なく支払うことができるようにしておくことです。それが必須です。