良い不動産物件とは何か。

住む為の不動産について

良い不動産物件とは何か。
住む為の不動産といえば、一戸建て、マンションなどです。こうした住まい、家屋を確保することはよいことです。とにかく自前で不動産を持っている、ということはかなりメリットがあります。何より家賃を支払う必要がない、ということになります。ですから、買うことはよいのですが、さすがに戸建ても分譲マシンョンもそれなりのお金がかかるものです。そこでお勧めできるのは、土地だけ買うことです。土地だけでは住めないではないか、と思うかもしれませんが、そこに建てるわけです。自力で建てるのです。こうしたことをスマートライフとかスモールライフというのですが、要するに一人暮らし用の住まいを自力で作るのです。若干ニュアンスが違うのですが、コンテナのような住まいを作るのです。もちろん、電気やガス、水道も敷くことができます。このあたりは自力ではなく業者に依頼することになります。但し、ガスはLP、水道、上水道は井戸水という手もあります。

こうした生活をすることによって、かなり生活費を削ることができるようになります。不動産を買って住まいを確保するのはよいのですが、とにかくお金がかかるものです。ですが、自力でやれるのであれば、かなり安い金額で住まいを得られます。

注目情報