良い不動産物件とは何か。

不動産は競売で買うことが

良い不動産物件とは何か。
競売という売買の仕方があります。わかりやすく言えばオークションのようなものです。不動産に競売というものがあり、それではかなり安く物件を買うことができるようになっています。とにかく安価で買えるのがメリットではあるのですが、リスクもあります。そもそもリスクがあるからこそ、安くなっているといえるのです。その一つが下見をすることができない、というものです。物件を買う時には普通は下見をするものです。日用品を買うわけではないのですから、そこそこの金額になるものです。ですから、どうしても普通は何度も下見をするものです。しかし、それができないのです。競売物件というのは、それが最大のリスクになります。もちろん、外観、内観などは写真、データなどで知ることができます。しかし、それだけであり、実際に見に行くことはできないのです。だからこそ、安いわけです。

昔は業者がよく使っていた売買の方法なのですが、今では一般人もかなり参加しています。安く買うことができるわけですから、誰しも参加したいと思うものです。但し、現金一括で買う必要がありますし、さらにいえば、何か問題があったとしても自己責任になります。そのあたりがリスクですが、それでも安いのは有難いことです。

注目情報