良い不動産物件とは何か。

不動産は競売で買うと安い

良い不動産物件とは何か。
不動産を安く買う方法として、競売というものがあります。これは相当安く物件を買うことかできるものであり、最近になって多くの一般人も参加しているようになったものです。昔は業者専用みたいな感じだったのですが、今ではサラリーマンでも参加するようになっています。一般市場の不動産と比して、最低でも相場の七割以下で購入ができるのです。そのくらい安いわけですから、誰しも出来ることならば参加したいと思ってしまうものです。そして、一般市場ではそんなに多く見つからない立地条件のところがあったりすることもあります。土地であることもありますし、一戸建て、マンション、オフィスビル、テナントを入れることができる物件であったりもします。まさに色々とあるわけです。住むところを買っても良いですし、投資用にしてもよいです。とにかく参加する価値はあります。

それでも注意するべきことがあります。それは下見ができないことです。普通、物件を買う時には下見をするのですが、競売ではそうしたことができないようになっていますから、それは理解しておくことです。そうしたリスクもあることが安い理由でもあるのです。それでも安いのにはメリットがあります。