良い不動産物件とは何か。

不動産賃貸オーナーが空室対策でやること

良い不動産物件とは何か。
不動産賃貸オーナーにとって空室があると大変です。定期的な収入が減ってしまうし空室期間が長くなると部屋も汚れ痛むと言われているからです。空室期間が長引く程、なぜ空いているのかということを部屋探ししている人は思いますので、なるべく早く空室をうめたいのが賃貸オーナーの願いなのです。それではどのようにしたら空室を魅力的にすることができるでしょうか。

空室対策には入居者に住みたいと思ってもらえることが大切です。それには、賃貸条件の変更かリフォームなどのイメージアップかのどちらかになります。賃貸条件の変更については家賃を下げたり、礼金や敷金などを少なくする方法があります。また、更新料を今まで1ヶ月分あったところを無料にするなど入居者の負担を減らすことをすると、検討してくれる人を増やしてくれる効果があります。

イメージアップには様々な方法があります。外装や共用部分、室内の修繕などをしっかりし、清掃もきれいにして清潔感を与えられるようにします。室内の壁紙や床材、たたみなどが古いままですときれいに見えないので貼り替えをした方が良いです。また、古いエアコンなどを新品にすると電気代金も節約できますので人気です。